交通事故, 士業, 慰謝料

相続の際の調停や審判と弁護士への依頼

亡くなった人からの遺産の相続については、もしも遺言書が生前にしたためてあった場合には、その内容にもとづいて分割されることになりますが、そうでない場合については、いったん相続人全員が集まった上で、遺産分割協議とよばれる会議を開いて、そのなかで全員の合意を得て、合意の内容にしたがって相続人それぞれに遺産が割り当てられるというのがふつうです。 Continue Reading