交通事故, 士業, 慰謝料

法律事務所の大規模化の背景とは

日本には主に企業を顧客として総合的なリーガルサービスを幅広く提供する、法律に特化した4大事務所が存在します。国内の大手法律事務所の大規模化が始まったのは1990年代頃からといわれています。年度ごとの新人弁護士の採用人数を約10名程度まで、増やすことにより改革が始まりました。日本の法律事務所は大手と呼ばれる所でも、当時の所属弁護士は約50名程度と英米と比較すると規模が小さいものでした。

2000年に入り現在の4大事務所の1つである事務所が、合併を発表したことが大規模化のきっかけとなります。この合併により新人弁護士も含めた弁護士の数は100名を超える大手事務所が誕生することになります。この出来事は当時の法曹界においては大きなニュースとなり、多くの人々の関心を引きました。所属弁護士が100名を超える法律事務所は2001年の時点では、3つの事務所のみでした。

その後は様々な大手法律事務所が、次々に誕生するという時代になりました。2009年には7事務所となり、中には最大数で500名もの弁護士が在中する事務所もありました。このような大規模化の背景にはアメリカやイギリスの外資系法律事務所が、日本へ進出するようになったことが影響されているといわれています。第二の要因としては複数の分野にわたる、様々な案件が増加したことも大きく関係しているようです。

ファイナンス系や倒産や事業再生などに特化した他の事務所との統合化により、次第に規模が拡大していったことが要因とされています。このような4大事務所では入所後にはフルタイム以上の長時間労働が課せられるといいます。その業務の多くは新人の内は、勉強も兼ねて先輩弁護士の下請け業務をこなすことで徐々に力をつけていくといいます。そうして一人前になり自分のクライアントを持つ事が、多くの新人弁護士の第一の目標であり夢でもあります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です