交通事故, 士業, 示談

相続に関して弁護士ができる事

相続に関して知らないことがあれば、インターネットで調べるという方もいますが、それはあまりおすすめできません。その理由は、その情報が正しいかどうか見極めることができないからです。弁護士が解説している場合や監修している場合なら参考にしてもらって構いませんが、それでも具体的な事案ごとに問題が異なるため、それが自分にも当てはまるかの判断ができないため、やはり自分で何とかしようとは思わない方が良いです。弁護士は、相続について相談をしたり案件の処理をしてもらったりしていますので、困ったことがあれば活用しましょう。

費用は掛かりますが、自分で何とかしようとして不利益を被るよりはましです。弁護士が相続について行っている業務は、相談、手続きの代理、訴訟代理、示談、交渉等です。相続といっても問題になることは異なりますが、それを専門としている方なら大抵の案件はこなせます。代表的で一番行われているのは相談です。

これは、その後にどのようなことをするのかとは別に、最初に誰しもが利用をする際に通る道です。なぜなら、そもそも相談として案件が入ってこなければ弁護士は仕事をすることができないからです。そして、そこで助言だけで済めば終了となりますが、その後に具体的な案件の処理を弁護士に任せることになる場合もあります。例えば、相続放棄の手続きの代理や、遺留分減殺請求の代理などです。

また、すでに争いがあるような場合は、訴訟代理人として活動することもあります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です