交通事故, 士業, 慰謝料

相続について弁護士を利用するときの費用

相続について弁護士に相談をしたり、何かを依頼したりするときには費用が掛かります。その費用は、弁護士報酬の自由化がなされている現在では、それぞれが自由に決定しています。したがって、どれくらいの費用が掛かるかは、法律事務所に電話をしたり相談をしたりして聞いてみる必要があります。ただし、一応基準は存在しています。

それは、かつては弁護士会が基準を定めていたのですが、それが一応の相場となっています。あとは、それぞれが高く設定するなどして、自由に決めています。相続に関して言うと、相談をする場合は相談料、案件処理なら着手金や成功報酬、そのほか日当や手続き費用の実費などを負担することになります。300万円以下の案件の場合の旧規定の基準は、対象となる案件の額の8パーセントとなります。

その場合の成功報酬は、額の16パーセントです。それ以降は段階的に増えていきます。この基準は一応現在も参照されることがあるため、ホームページで簡単に検索することができます。また、これを自動で計算することができるサイトを提供していることもあるので、目安を知りたい方は活用してください。

相続について相談をする際、あまりにも高い費用を提示してくるようでしたら、利用をしないというのも選択の一つです。もちろん、優秀な方はそれなりの費用を徴収することもありますが、必ずしも高いから有能というわけではありません。むしろ、あまりにも高額を請求する方は悪徳の可能性があるため要注意です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です