交通事故, 士業, 慰謝料

交通事故の事例で弁護士に相談したいときは(広島)

車を運転していても歩いていても、日常生活の中で交通事故に巻き込まれる可能性は常にあります。不運にもそんな状況になった場合、保険会社に任せきりにする方も多いと思いますが、弁護士に相談するとスムーズに解決することができます。例えば、交通事故の被害者になった場合、相手方の保険会社がメインとなって示談が進められるでしょうが、この場合、提示される賠償金額は低めです。それは、本来賠償されるべき症状が賠償対象と認定されていなかったり、逸失利益(事故に遭わなければ得られたはずの利益)が正しく認定されなかったりするせいで、被害者が法律や裁判事例に詳しくないためにそのことを主張できず、保険会社の言うままの結果になってしまうからです。

弁護士が関与し、裁判における賠償額基準を用いて交渉することで、当初の保険会社の提示額よりも高い示談金を得られるケースが多いです。また、交通事故を起こしてしまった場合も、自分が契約している保険会社が主体となって示談が進められるでしょうが、特に大きな人身事故を起こした場合には被害者側の感情との関係で示談がまとまりにくいことがあり、さらに刑事責任のことも考慮しなければならないので、弁護士に相談したほうが多面的に解決できます。広島には、交通事故事例に詳しい弁護士がたくさんいます。どこに相談したらよいかわからないという場合は、まずは日弁連交通事故相談センターに相談してみるとよいでしょう。

広島県では5か所の広島弁護士会法律相談センターが窓口となり、無料で相談や示談あっせんを行っています。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です