交通事故, 士業, 示談

相続放棄の手続きについて

相続が発生すると、亡くなった人(被相続人)の財産は相続人に引き継がれます。通常、預貯金や土地・家屋などの不動産、株券など『プラスの財産』の相続が考えられますが、実は被相続人名義の借金や保証債務など『マイナスの財産』も遺産として相続する必要があるのです。しかし、相続財産が借金といったマイナスの財産しか存在しない場合や、プラスの財産とマイナスの財産を相殺してもマイナスの財産しか残らない場合など、相続してしまうと相続人の生活に影響を及ぼしてしまうケースも考えられます。こうなってしまうと、相続が大きな負担となってしまうのです。

そのような場合には、早急に相続放棄の手続きをする必要があります。相続放棄はその名の通り、相続の権利を放棄する手続きです。申立は家庭裁判所において行い、相続放棄が認められると、最初から相続人としての立場から除外されるため、一切の相続財産を取得することが出来なくなります。その結果、マイナスの財産の相続から逃れることが可能となるのです。

この手続きには被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本(除籍謄本・原戸籍)が必要となります。特に難しい手続きではなく、前述の必要書類さえ揃っていれば誰にでも申立可能です。ただし、相続が発生している事実を知ってから3ヶ月以内の申し立て期限が設定されています。また、数量に問わず一度でも相続を受けてしまうと、相続放棄の申立自体が不可能となります。

これらの点に注意が必要です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です