交通事故, 士業, 慰謝料

相続放棄の手続きをご存知でしょうか

相続放棄する場合には、基本的には相続が発生してから3か月以内に、相続放棄の手続きをしなければならないと法律で決められています。一般的に、相続は法定相続人の権利ですが、亡くなった方にプラスの財産だけではなく、マイナスの財産がある場合に、法定相続人だからといって故人の負債をすべて背負わせることのないように、相続放棄という規定と手続きがあるのです。しかし、プラスの財産だけを相続して、マイナスの財産は相続しないということは出来ませんので、プラスマイナスのそれぞれの財産を見極めて、プラスとなった場合には相続し、マイナスとなるような場合には相続放棄の手続きをおこなえば良いでしょう。手続きには、必要書類を持って家庭裁判所に出向き、その届け出を裁判所に認めてもらう必要があります。

また、家庭裁判所ならどこでも良いというわけではなく、故人の住民票を管轄していたところと規定されています。なお、届け出の時に必要となる書類などは、相続放棄申述書、故人の死亡が記載された戸籍謄本、故人の住民票除票、届け出をする人の戸籍謄本、手続きに必要な代金分の収入印紙、家庭裁判所からの連絡に使用するために必要な切手などになります。これらの届け出は自分自身でおこなっても良いのですが、場合によっては、届け出をする人が法定相続人であることを証明するために、たくさんの方の戸籍謄本などが必要となることもありますので、法律の専門家に任せた方が簡単に済むことも考えられるでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です