交通事故, 士業, 弁護士

相続放棄の手続きを自分で行う際の注意点

故人が誰かの保証人になっていたり、借金が残っていたり、残された財産に資産価値がなかったりと、相続放棄をする理由は人によって様々ですが、そのための手続きを弁護士になどの専門家に依頼するのではなく自分で行う際にはいくつかの注意点があります。まず絶対に忘れてはいけない注意点が、相続放棄の手続きができる期限についてです。相続放棄はいつでもできるというわけではなく、相続の開始があったことを知った時から3か月以内と民法で熟慮期間が定められています。ですので、手続きをするのであれば3ヶ月以内ということを忘れないようにしましょう。

ただし、期限が過ぎてしまった場合でも、相当の理由があるなどの条件を満たせば認められることもありますので、もしも、期限切れとなった場合は弁護士に相談してみるとよいでしょう。次にどこの家庭裁判所に相続放棄の届出をするのかを確認することです。届出は自分が住んでいる地域の家庭裁判所ではなく、故人の住民票の届けが出ている管轄の家庭裁判所に提出しなければいけませんので間違えないように注意しましょう。最後の注意点は必要書類をしっかり揃えることです。

手続きで必要となるのは、相続放棄申述書や、故人の死亡の記載のある戸籍謄本、住民票除票、届出をする人の戸籍謄本、収入印紙、郵便切手などです。3ヶ月の猶予があるとはいえ、必要書類を把握せずにその都度調べていると手間も時間もかかってしまいますので、チェックリストなどを用意して揃えていくようにしましょう。こうした注意点を踏まえていえれば、弁護士などの専門家に依頼をしなくても自分で手続きを滞りなく行うことができるはずです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です