交通事故, 士業, 広島

相続放棄の手続き方法について

親族の死などで相続が発生し、その遺産を受け取りたくない場合は、相続放棄の手続きをする必要があります。手続きは、相続について知ってから3ヶ月以内に行わなければいけないので、知った直後から相続放棄に向けて早めに動き出すと良いでしょう。手続きの方法についてですが、必要な書類を揃えて家庭裁判所で行う流れになります。家庭裁判所の場所は、遺産を残して亡くなった人の住民票によって決まります。

必要な書類は、相続放棄申述書と呼ばれる用紙や、亡くなった人と相続人の戸籍謄本などです。相続放棄申述書は、裁判所のホームページ等に記載の仕方が書いてあるので、それを参考にしながら記述していくことになります。書類を揃えて家庭裁判所に提出すると、照会書が後日手元に届きます。相続人の意志で財産の引き継ぎを放棄することを確認するためのもので、書面のみであったり面談があったりと、裁判所によって方法が異なります。

手続きが順調に進むと、相続放棄申述受理通知書という書類が郵送されます。この通知書は、相続人にのみ届けられる書類です。ですから、例えば相続の中に負債があっても、債権者側には放棄した事実は知らされません。債権者へは、相続人から相続を放棄したことを伝える必要があります。

全ての手続きが完了するまでの期間は、大体2週間程度を目安にしておけば良いでしょう。自身での作業が面倒だったり忙しくて期間内にできないのであれば、代行という方法もあります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です