士業, 相続, 遺産

相続したくないなら相続放棄の手続きを

相続は人間が死亡したときに、おこってきます。戦前の法律では隠居という制度があって、人間が隠居してしまうと相続が起こってきましたが、現在の法律ではこの制度は廃止されていますので、生前にその人についての相続はおこることはありません。相続というものは、何の手続きも意思表示もなく突然にやってきます。そして人が亡くなった時に、当然に生じてくるものです。

相続というものはほうっておいてもちゃんと成立するもので、反対に相続をしたくないと思えば相続の開始を知った日から、3か月以内に家庭裁判所に申し出て、相続放棄の手続きをしなければならないことになっています。この手続きをしないと自分が嫌でも、相続をしたことになってしまいます。相続が起こってからだいぶ経ってから関係者が話し合って、相続放棄をするといったことをよく耳にしますが、こんなことでは相続放棄はできません。特定の財産について権利を放棄することはできますが、それはいったん相続をしたうえで自分の権利を処分しているにすぎません。

相続をしてしまったときは引き継いでしまった借金は、勝手にまぬがれることはできません。その点の用心が必要になってきます。相続放棄の手続きについては、家庭裁判所に相続放棄の申し述べ書が用意してありますので、その用紙に所定の事項を記入して、裁判所に提出する必要が出てきます。くれぐれも自分の生活が圧迫されるものを、相続しないように注意をしてください。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です