士業, 相続, 相談

相続放棄とその手続きについて

被相続人の遺産を受け継ぐことを相続と言いますが、相続する権利を放棄して何も受け継がない事を相続放棄と言います。相続放棄は様々なケースで行われますが、大きく分けると被相続人に多額の借金があったり、債務の保証人となっている場合などに行う自分の財産を守る為の放棄と、相続による親族間のトラブルの回避や節税をする為の放棄の2種類があります。特に相続における親族間の揉め事は長引く上、禍根を残すことが多いので、それを嫌って放棄する人も多くいます。相続放棄の手続きは、家庭裁判所に放棄の申述をして受理される必要があります。

申述書のほか、被相続人の住民票除票または戸籍附票、申述人の戸籍謄本などが必要となり、手続き後に家庭裁判所から意思確認が行われ、受理されると申述受理通知書が送付されます。なお、相続放棄は相続が始まってから3ヶ月以内に手続きをしなければならず、その期限を過ぎた場合は単純承認、つまり全ての遺産を相続するものとみなされます。ただし、期限までに放棄の判断をするために必要な資料を揃える事ができない場合は、家庭裁判所でその期限を伸ばす申立てを行うことができます。また、相続放棄は原則として撤回することができませんが、例外として詐欺や脅迫によって行われたものは放棄自体を取り消すことができます。

取り消しの手続きも家庭裁判所で行いますが、詐欺にあった事に気付いたときなど追認できる時から6ヶ月を過ぎた場合、あるいは放棄後10年を過ぎた場合は時効によって取消権が消滅し取り消せなくなります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です