士業, 広島, 相続

相続放棄をしたいなら、手続きをしないと認められない

遺産は相続人にとって、債務などのようにできれば相続したくはない性質のものが存在します。借金の額がすべてわかっている場合もあれば、相続人も知らなかったような借金が被相続人の死後に見つかって、プラスの遺産よりもはるかに金額が多い場合などのケースが考えられます。遺族には相続放棄の権利が認められているものの、債権者を納得させるには債務を相続しないと告げるだけでは認められません。所定の手続きをすべて終わらせて、家庭裁判所から相続放棄の申請を受理した書類をもらって初めて効力を発揮するのです。

ただ、手続きに必要な書類の収集や必要事項の記入は、法律的な知識がない人にとってはどうしたらいいかわからず、相続の開始から三か月以内に申請をしないとならないというルールから焦ってしまいがちです。しかし、法律事務所などが相続人の代わりに面倒なことをすべて代わりに処理してくれる、相続放棄代行サービスを依頼しておくと、その法律事務所に任せておくだけで素早く手続きが進みます。大体一か月もあればすべて終了するでしょう。まずは法律事務所に相談することです。

法律相談だけなら相談料は発生しませんから、不安なことやわからないことをすべて打ち明けてしまうといいでしょう。プライバシーもしっかり順守されますから、情報漏えいのリスクもないです。この時に、自分で戸籍謄本や本人確認書類、印鑑などを用意して相談をするようにすると、相談がより簡潔に進みやすくなります。広島で相続のことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です