債務整理, 士業, 相談

相続問題に強い弁護士を選ぶには

相続問題にはさまざまな側面があります。財産の分与の問題、相続税の問題、遺書などの取り扱いの問題などがあり、その解決に於いては、さまざまな知識と経験が必要になります。その為、弁護士を選ぶ際には、単に法律の知識が有るというだけで選ぶのは危険です。なぜなら、法律の解釈だけでは円満な解決ができない問題も多いからです。

例えば法律的には財産を現金で残しても、不動産で残してもその法律的な金額は変わりません。しかし、受け取る遺族にとっては相続税の支払いの問題があるため、事前にその税額の計算などをしっかりとしておかないと大きなトラブルを生んでしまうことになります。その為、このような問題には税理士などの協力が必要になります。また、不動産の場合には法律上の評価額と実際の売却価格に大きな隔たりがあること、さらに実際の価値を適正に判断しないと遺族の間に不平等感が起こることから不動産鑑定士などの協力も必要になります。

その為、単に弁護士の仕事の範疇だけでなく、このような資格を持っている人の存在が重要になるのです。その為、このような資格を持つ弁護士か、若しくはそのような資格を持つ人との人脈をしっかりと持っている弁護士で有ることが重要になります。これらの事を考えると、相続問題の相談をする弁護士は、相続問題に関する実績が豊富な人ということになります。多くの場合経歴などでその解決件数や事例などを知ることができるので、これらの情報をしっかりと確認して選ぶことが大切です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です