債務整理, 士業, 弁護士

弁護士に相続相談をするメリット

遺産相続を円滑に進めるには、弁護士に相談することが近道です。故人名義の土地や預貯金などの財産をどう分けるのか、そもそも誰が相続するのか、税金はかかるのかなど、相続の場では、普段の生活では知る機会がなく分からないことが多くあります。法律の専門家であり、相続に関わる手続きほぼすべてに対応できる弁護士は、心強い相談相手になってくれることでしょう。まず特に遺言状などが残されていない場合、遺産を受け取ることができる人と、その受け取る割合は、法律によって決められています。

遺された財産がどれだけあるのか分からない、遺産を受け取る人が他はっきりしないという場合は、相談して調査してもらうことですべてはっきりさせることが可能です。逆にこれらをはっきりさせておかないと、遺産を分ける相談自体が無効になってしまう可能性もあります。もし遺産を分割する際に家族同士の間でもめごとが起こっても、第三者の冷静な立場から意見をもらうことができます。家族の間に後々しこりを残さない為にも、必要ならば相談することを検討するのが良いでしょう。

遺産分割の場面において、相手方が弁護士をつけてくると、とても素人では太刀打ちできません。遺産に土地や建物などが含まれている場合はその査定を行う必要がありますが、これも素人では限界があります。また、遺言状が残されていた場合でも、自分の取り分に納得ができないことはままあります。こういった場合でも、法律の専門家に助言を仰ぐことで、自分の不利益を防ぐことができます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です