債務整理, 士業, 広島

相続トラブルは信頼できる弁護士に

家族が亡くなってはじめて、相続する財産を知ることはよくあります。それは預金や不動産、貴金属や株式などであったり、思いがけず多額の借入金やローンやクレジットの残額であったりする場合もあります。被相続人が生前に財産目録やすぐにわかるものを用意してくれていれば良いのですが、死というものは突然やってくる場合が多いもので、そこまで考えている人はよほど財産が有るか、会社の経営にかかわるほどの立場であるか、または病気で先が見えている場合が多いものです。死を悲しんでいる間もなく、相続の問題は発生し、それが親族間のトラブルとなることも少なくありません。

「そんなことでもめるなんてうちではありえない」と思っていても、思わぬところからトラブルが発生することもあります。やはり相続の問題には、その道の専門家である弁護士に相談してみると良いでしょう。依頼しなければならないということではなく、まずは相談してみてどのような解決策があるか知ることが大切です。家族が亡くなったことによって、兄弟姉妹の仲が悪くなることはいちばん避けたい事態です。

とにかく円満に解決することが先決です。弁護士を選ぶには、何を基準にすればよいか分からない場合も多いと思いますが、大抵の弁護士は電話相談を受け付けてくれますので、その対応の良し悪しや、相性、評判なども参考になります。「この弁護士に依頼したい」と思ったときに依頼すればよいのです。真剣に相続人の立場に立って、それぞれが納得できる解決策を考えてくれる弁護士は必ずいるはずです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です