交通事故, 士業, 示談

遺産相続と弁護士の関係について

故人の遺産を相続する際に心強いのが弁護士の存在です。身内が亡くなった際、家族は葬式の準備や遺品整理に追われ、相続の手続きまで頭が回らないケースが少なくありません。相続に必要な手続きは、故人が亡くなってから3か月以内に行う必要がありますが、家族の死によって精神的に疲労している遺族が、複雑な手続きを全て行うのには限界があります。そういった時に、法律や遺産問題に詳しい弁護士は非常に頼りになります。

例えば、遺産問題で身内と対立してしまった際、故人を失った悲しみの最中で争うという二重苦の状況で、ひとりで立ち向かうのは困難といえます。法律や各種手続きの専門家である弁護士は、法律に基づいて冷静で的確な対処をしてくれます。雇うためには多少の費用がかかりますが、相談者は法律に明るい専門家を味方につけることができるので、精神的負担を大きく減らすことができます。遺産を相続せず放棄する場合でも弁護士は頼りになります。

故人の借金は負の遺産として扱われるため、故人に借金があった場合、そのまま相続してしまうと借金ももらい受けることになってしまいます。そうならないためには遺産を放棄することが必要ですが、遺産放棄には各種手続きが必要で、限られた期間内に全て終わらせる必要があります。素人ひとりで行う自信がないという人は、その道に精通した弁護士に依頼した方が確実です。面倒な事項を負担してくれるので、スムーズに事を進めることができます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です