交通事故, 士業, 弁護士

相続問題で弁護士が果たす役割について

家族間で揉め事が起こることが多いのが、遺産の相続問題です。具体的には、ある財産が遺産に属するのかといった問題や、分割方法をどうするのかといった問題が起こります。前者は、生前に財産を贈与してもらったと主張する人と、遺産の相続を受ける立場にいる物との間で争いが生じます。後者は、家族間で争われます。

 弁護士は、法律問題を扱うプロですから、このような紛争の相談を受けた場合、最適な解決方法を模索します。最終的には訴訟が解決の手段になるのですが、場合によっては和解でまとめることもします。訴訟は時間がかかりますし、時間がかかればかかるほど当事者間の確執が大きくなっていきます。したがって、訴訟にしなくても収まる案件は、積極的に和解に持ち込みます。

 もちろん、和解が成立しなければ訴訟になりますが、事前に相談しておくことで、円滑な主張・立証活動を見込むことができます。なぜなら、訴訟の直前に仕事を受任した場合よりは、事前に紛争の状況を理解しているからです。また弁護士は、過去の判例についても詳しく知っているので、最低限どういった点に重点を置くべきなのかということを、見定める能力を持っています。相続の場合、民法の規定が抽象的であり、遺言があればそちらが優先されるという事情も相まって、判例の比重が大きくなっています。

そのため、判例について詳しいという事情は、大きなアドバンテージとなるのです。したがって、相続について悩んでいる方は、弁護士に相談したほうが良いと言えるでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です