士業, 相続, 遺産

相続問題は生前から弁護士に相談を

相続問題を裁判所に持ち込む例は、年々増加傾向にあります。一昔前までは多くの人が「持たざる者」で、相続問題と言えば一部の富裕層のものといった感覚がありました。また家屋敷があったとしても家長制度がしっかりしていましたので、家長がすべてを引き継ぎ、その他の遺族には家長が分配するというシステムも確立していたことが、争うことがなかった一つの要因でもあります。しかし今では持ち家などの財産を残す人も増え、現金ではないことが問題を引き起こしてしまっていることが多く見られています。

また「家長」と言うシステムも廃れていますので、全ての遺族が自分の権利を主張します。そうなると「家しか残っていない」というケースにおいて、揉める元になるのは明らか。今まで仲良くしていた家族が、これを境に不仲になるのは良くあることです。良かれと思って残した財産が、家族を不仲にしてしまうのは、本当に残念なことです。

こういった問題を起こさないために、残す側は生前から弁護士などに相談を行い、問題が生じる種を排除しておくべきでしょう。遺言と言う方法は大変有効ですが、書式などに不備があれば、その遺志が反映されなくなってしまう可能性もあります。弁護士のもとでしっかりしたものを作成することが大切です。また相続税対策なども専門性の高い弁護士であれば、安心できる提案を行ってくれます。

遺産相続の実行に関しても依頼していおけばさらに安心です。これによって身内で争う不幸の多くは回避できます。広島で遺産の相続のことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です