士業, 相続, 相談

弁護士に相続問題を相談する際の注意

相続を取り巻く環境が大きく変わりつつあるため、多くの人が財産の有り方に関して見直しをすることが多くなっています。具体的にはより多くの財産を遺族に残す為にどの様な財産の残し方が取り効率が良いのかといった問題です。生前贈与と遺産相続では税率も大きく異なること、財産の種類により実際に残る財産の総額が大きく変わってしまうなど複雑な問題も有り、多くの人が生前に弁護士などの有識者に相談するケースが増えています。弁護士に相続問題を相談する際に注意しなければいけないことは、まずは自らの意思と状況を出来るだけ正確に伝えることです。

良く借金が故人が亡くなった後に発覚し、遺族が気づいたときには相続放棄や限定承認が出来ない事態になってしまうといったトラブルも多いことから、しっかりと整理を行うためにその状況を伝えることが大切です。また、特にトラブルの多い不動産については、その相続のパターンに関して十分に検討することが必要です。不動産を残したいと考える人は多いと思いますが、不動産の場合は課税される評価額と実際の売価が大きくかけ離れてしまうことが多い上、売却時期によっては大きく買いたたかれてしまうことも少なくないので注意が必要です。このような多方面にわたる内容を総合的に相談する必要があるため弁護士を選ぶ際には信頼できる人を選ぶことが必要です。

しかし、実際問題として一般の人はなかなか信頼できる弁護士を見つけるのは難しいものです。このような場合には法テラスなどを通じて実績と経験の有る弁護士を紹介してもらうのも一つの方法です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です