さまざまな仕事で活用されるビジネスフォンとは?

ビジネスシーンでは多くの通信手段が使われています。もちろんメールもそうですし、近年はチャットツールが用いられることも多くなりました。その他に、SNSを模したカジュアルなツールや掲示板なども重宝されています。しかし、依然として通信手段の主役は電話であることに変わりはありません。

ビジネスシーンに欠かせないアイテムとして活用され続けています。ただし、その形態は歴史とともに変化してきました。昭和は固定電話が使われていましたし、平成の主流はストレートや折り畳み式の携帯電話です。平成の終盤にはスマートフォンも使われるようになり、そちらはノートパソコンの役割も兼ねるようになっていました。

そして、それがさらに進化したのがビジネスフォンです。機構的にはスマートフォンと同一のものが多いですが、仕事に特化したスペックに仕上がっています。たとえば、店舗用のビジネスフォンのなかには、予約を受ける機能が充実しているタイプも見受けられます。また、店内の監視カメラの映像をリアルタイムで確認できる機能も便利です。

サービスの方式もさまざまで、従業員全員の分を定額でレンタルできるプランなどがよく利用されています。同じビジネスフォンを使っているもの同士は通話が無料になるなど、連携を取りやすい工夫がされていることも特徴です。データを企業が一元管理できることも魅力であり、従業員が各自のスマートフォンを使っている場合より統制しやすくなります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です